不用意にスクショをすると相手にバレる!

インスタグラムの投稿はいつ削除されるかわかりませんから、気になる写真や動画はスクショして保存しておきたいと思う方も多いでしょう。
スクショ自体は簡単にできるので誰の投稿でもダイレクトメッセージでも気軽に保存できますが、場合によってはスクショの事実が相手に通知されてバレる場合があります。
インスタグラムのシステムは更新が続いており通知の仕組みも一定ではありませんが、ダイレクトメッセージの消える写真と動画の2種類に対して行うとバレるシステムになっています。

通常のダイレクトメッセージで送信された写真と動画であれば、スクショしても相手に通知が行く事はありません。
しかし、同じダイレクトメッセージでも消える写真と動画の2種類は、受信者の誰がスクショをしたかが通知される事になります。
この為、消える写真や動画を考え無しに保存する事は問題がある行為です。
送信者の相手はその場限りの視聴と思って画像や動画を送信しますが、受信者が勝手に保存をしてしまうと送信元の意志が尊重されません。

例えば、ダイレクト画面に並ぶアカウント名の下にスクショした事が通知されます。
受信者別に行動内容が通知されるので、相手に送ってもらった写真や動画を保存した事はすぐに分かる仕組みです。
バレる事は無いと思って黙って保存しても、すぐに相手に知られる事になるでしょう。

フィード画面でも誰がスクショをしたのかが通知されますし、インスタグラムのアプリを起動していない時もプッシュ通知が行われます。
リアルタイムでバレる状態にありますから、相手の許可なく画像や写真を保存すると送信者に驚かれてしまうでしょう。
ダイレクトメッセージで送信される消える写真と動画の2種類どちらであれ、スクショした事は相手にバレると覚えておくべきです。

ただし、通常の投稿であればスクショしても発信者に通知される事はありません。
例えば、スクショを撮影した時に友達とシェアできる等のメッセージが表示される事がありますが、それらはシステムメッセージの一部で通知が送られた事を示す意味はありません。
シェアできるというのは、単にインスタグラムの機能を使って友人と情報共有できますよと勧められているに過ぎない状態です。

インスタグラムは、相手との信頼関係に基づいて匿名での関係が成り立ちます。
その場限りの視聴が前提の画像や動画をスクショする事は、それだけでも信頼関係を損ねかねない行為です。
また、基本的に写真や動画は発信者の許可を得た上で保存するのがマナーです。
気心の知れた相手でもダイレクトメッセージの消える写真や動画はスクショして良いかどうかを確認してから行った方が良いでしょう。