話題のインスタグラムを始めたけれど、なんとなく写真を投稿しているだけという人もいます。
たくさんの機能があるけれど、十分に使いこなせていないのはもったいないです。

スマートフォンを操作する様子インスタグラムのユーザーの疑問点として、とても多いのは足跡が残るかどうかです。
SNSの中には足跡機能が付いているものがあり、見ていることを知られたくない人もいます。
気になる足跡ですが、相手のアカウントを検索してプロフィールを見るだけなら気付かれません。
表示される投稿一覧から写真や動画を選んで見たとしても、バレることはないので大丈夫です。

これは素晴らしいと思った投稿に「いいね」やコメントをすれば、当然ですが相手に通知がいきます。
そしてあなたのフォロワーたちには、誰かの投稿に「いいね」したこと・新しく誰かをフォローし始めたことは表示されます。

足跡がハッキリと相手に知られるのは、24時間で削除される「ストーリー」を見に行ったときです。
相手が作成して投稿した写真や動画を見に行くと、アカウントが表示されます。
複数の写真を投稿している場合など、写真ごとに誰が閲覧したのか相手は分かります。
絵文字などを使って作成し、投稿するのはいろいろな人に見てもらうためです。
そのうえ、24時間経てば足跡も一緒に削除されるので気にし過ぎなくても良いでしょう。

企業にとってはどう?

ホームページ企業の広報活動の一部としてインスタグラムをしている場合、本当に集客につながるのかが疑問になります。
プロフィールにどんな企業なのか、分かりやすく書いてあることが基本となります。
外国のお客様向けに、英語表記も入れてみると閲覧者が増えるでしょう。
ポイントはプロフィールが長くなり過ぎないこと、そしてURLがあるなら忘れずに入れておくことです。

広報のツールとして役立つかどうかは企業側の工夫次第ですが、ユニークな投稿なら興味を持つ人やフォロワーが次第に多くなります。
商品を購入したい、サービスを使いたいと思えるような内容なら集客につながるでしょう。
個人ユーザーよりも距離を置かれることがあるかもしれませんが、親近感が持てるような写真や文面にしてみると投稿がユーザーの目に留まりやすくなります。

インスタグラムのプロフィールに出ている企業のURLにアクセスする人がいる反面、企業のホームページからインスタグラムを見に行く人もいるはず。
行き来できるように、ホームページにはSNSのアカウントがあることを明記しておくと効果的です。

インスタグラムは女性の生活の一部

世界中の人が、毎日たくさんの写真をインスタグラムに投稿しています。
女性たちにとって、インスタグラムをチェックすることは日課になりつつあります。
通勤時間や昼休みなど、ちょっとした時間にもフォロワーの投稿を閲覧。
新しい写真や動画が投稿されていたら「いいね」を付けています。

インスタグラムに投稿する写真を、彼女たちはどのように用意しているのでしょうか。
まだインスタグラムを始めたばかりの人には疑問に思えることです。
最近はスマホのカメラが進化しているので、画像を加工するアプリを使えばスイーツや植物などが素敵な写真に早変わりします。
評判の良い画像加工アプリを使って、雑誌に出てくるような1枚を作ってみませんか?

投稿テーマを決めるのがおすすめ

毎日投稿している人を見ると、そんなに被写体があるのか疑問に思うことがありませんか。
本当はたくさんの写真を投稿したいけれど、撮るものがなくて毎日更新できない人もいます。
日課のように投稿している人の写真を見ると、テーマがある・まとめて撮影している・小道具を使っていることが多いです。

テーマを決めておくと、撮るものを選ぶ必要がなくなります。
たとえば料理に自信がある人は、作ったお弁当。
ペットを飼っている人は、かわいいペットの姿などです。
経済面に影響しない、無理なく続けられるものを選ぶことがポイントです。

アウトドアや旅行が好きな人は、当たり前ですが毎日撮影できません。
出かけたときに撮影して、少しずつ投稿します。
女性の場合、リアルタイムで居場所を投稿しないほうが安全です。
帰ってきてから、楽しかった日の写真を公開しましょう。

小道具を使って撮影している人は、何を使用しているのか疑問です。
家にある雑貨を組み合わせている人が多く、ひと工夫で写真の雰囲気が変化します。
お土産にお菓子をもらったら、お皿に入れて飲み物と一緒に並べるなど。
ちょっと手間をかけるだけで見た目が良くなることもあります。

自分が楽しいと思える撮影をしましょう

どんな撮り方をする場合も、楽しむことが最大のポイントです。
毎日投稿しようと思っていると、せっかくのインスタグラムが負担になってしまう可能性があります。
特になければ、その日はフォロワーたちの投稿に「いいね」やコメントをしましょう。
女性の場合、防犯面を考えることも忘れないようにすることが大切です。
家・職場・生活パターンが特定できる投稿は危険なので、時間帯や場所が特定できないように気を付けて下さい。

どうすればフォロワーが多くなるか疑問に思っている人は、テーマを決めると同じテーマで撮っている人が見に来てくれるようになります。
上手な撮り方をする人の写真を参考にして、オリジナルの撮り方を考えてみましょう。
インスタグラムを活用していると、街の装飾をチェックするなど、ちょっとした変化にも気付くようになります。
代わり映えのない日常生活の中で、「インスタ映え」する光景を見つけられるようになるかもしれません。